皆さんはヤフーオークションというところをご存知でしょうか?ここはものが安く買えるというので、近年人気のあるサイトです。主催者であるソフトバンクさんはとても儲かっているらしく、経営の傾いているダイエーからホークスを買い取ったくらいです。

でも所詮ヤフーオークションは売り手と買い手の仲介をして上前をはねているに過ぎないので、取り引きの詳細については責任を持ってくれません。ですからトラブルが続出し、取り込みサギやお金の持ち逃げ、その他のトラブルが多発しています。

例えばYahooやGoogleでABU、アブ、アンバサダーなどと言葉を入れて検索を掛けてみて下さい。最初に出てくるのはとりあえず僕のウエブサイトで、初心者が次に何をするかと言うと、僕のHPで価格相場などの情報と知識を仕入れようとする訳です。しかしここに一つ大きな落とし穴があります。

例えば皆さんはヤフーオークションで最も物を高く売る方法をご存知でしょうか?その方法は簡単です。先ず複数のIDを入手します。友達に頼んでも良いし、奥さんや彼女、知り合いに取ってもらっても構いません。そして一般常識からするとごく安い価格で、先ず出品します。

後はカモが引っ掛かって来るのを待つだけです。大抵の入札者は先ず相場を知ろうとし、その結果比較的有名なサイト、例えば僕のHPに辿り着きます。そしてこの位が相場なのだな、と見て取ると、さてヤフーオークションで検索を掛ける訳です。

その結果、とても沢山僕のHPに掲載してあるのと同じような出品物を目にします。もちろん人まねをしているので、元々は他人の知識をコピーしたものです。

カモが引っ掛かって来ると、自分で自分の出品物にビッドします。当然価格は自動的に上がるので、引き上げられるだけ引き上げます。もしも万一自分で自分のものを落札してしまったら、自分で自分に良い評価を残し、半年かそれ位したらもう一度出品すればオーケーです。

上に述べたものは典型的なサギの方法、フィッシング、またはシルビッディング( Shill Bidding)と呼ばれるものです。明らかに詐欺的な方法ですが、売り手と買い手の仲介をしているに過ぎないヤフーオークションでは、先ず追求されるおそれはありません。

さて、この結果どういうことがもたらされるでしょうか?先ず少ない投資で、お金がガッポリ儲かります。店舗どころか在庫を抱えるリスクも最小限ですので、固定経費がほとんどかかりません。ID一つ辺り一ヶ月に300円程度、10個取ったって3,000円に過ぎません。しかもこの方法を使えば良い評価のみで固めることができますので、ますますカモを引っ掛けるには好都合です。

もちろんオークションでは売ったら売りっぱなしですから、後でパーツがどうのとか、そういうメンテナンスの面も必要ありません。とにかく素人を引っ掛けてものを高く売る、この一点に集中していれば良い訳です。そしてものを買う時にはなるだけいちゃもんを付けて、自分に都合の良いものだけ買うようにします。

では対外的にはどうでしょうか?買い手としてはこういう輩は最低の人間ですので、悪い評判が立ちます。その結果として日本人全体が悪く思われ、あいつ等とはもう取り引きしないという外国の人間が増えます。例えば昔からイーベイ等で頻繁に取り引きをしている人は、最近 Ship to US only が増えたな、と感じられることが多いでしょう。

僕はときたまヤフーオークションをアホーオークションと呼ぶことがあります。つまりそれほどにこのオークションのシステムは原始的であり、悪意を持った詐欺師には全く通用しない、こういうことをこれからヤフーオークションを始められる方は良く知っておいて頂きたいと思うのです。失敗編(新しいウインドウが開きます)でも述べている通り、安い買い物ほどリスクは高くなるのだという原則を忘れずにいて欲しい、そういう賢い人であって欲しい、この項はそういう目的で書かれたものです。

ちなみにヤフーオークションがどれくらい恐ろしい場所であるかを知るには、「その他」のカテゴリを見てみれば事足りるでしょう。猥褻物陳列罪に当たるものが、個人売買の名の元に平気で沢山出品されています。もしくは「リタリン」(新しいウインドウが開きます)という言葉で、「美容・健康」というカテゴリを検索して見てください。リタリンというのはかつて日本では鬱病の保険適用薬になっていましたが、中枢神経刺激剤という名前こそ付いているものの、薬物大事典ではヒロポンの隣に掲載されている劇薬、つまりは覚醒剤に他なりません。

なぜこんな薬の空き瓶(新しいウインドウが開きます)が出品されているのでしょうか?それはオークションでこの空き瓶を出品しておけば、落札後にオークション外の個人売買でリタリンの販売を呼びかけられるからです。ではどうやってこんなキツイ薬を手に入れるのでしょうか?それは重症のHDAD患者の振りをして、認識の低い個人医院などで医者にこの薬をねだり、手に入れた院外処方箋をカラーコピーしてはアチコチの薬局を回り、驚くべき量の麻薬を合法的(?)に入手しているからです。

一剤15円にも満たない薬(新しいウインドウが開きます)をヤフオクを通して個人売買すれば100倍にもして販売できるのですから、詐欺師連中にとってはこんなおいしい商売はありません。つまりはヤフオクも詐欺師のまかり通る危険な場所、だからこそ価格が安いのだと、だまされることを頭から承知で出入りするのでない限りは、後でだまされたなどと泣き言を言ったり、僕の所に教えてチャンの煩わしい問い合わせを寄越したりはしないことです。ヤフオクというのは、所詮その程度のものでしかないのです。

ついでにもう一つ、典型的なサギの手法を書いて置きます。これまたフィッシング、またはスプーフメール( Spoof Mail )と呼ばれるもので、ビザ(VISA)やアホーオークション、大手の銀行、イーベイ等の有名な会社からのメールを装ってきます。そのメールの中に書かれているリンク先をクリックすると、本物ソックリのニセモノサイトに誘導され、そこでウッカリだまされて個人情報やパスワードを入力してしまうと、その情報が悪用され、クレジットカードから不正にお金が引き出されたり、覚えもないのに自分のオークションIDを使われて、大量のサギ出品に悪用されてしまったり、とにかくとても厄介なことになります。考えてみれば当たり前のことなのですが、コピー(ニセモノ)は所詮ホンモノを似せたものに過ぎず(だから似せたもの=ニセモノと言います)、オリジナルを越えることはできません。皆さんもどうかニセモノにだまされることのない様に、心より祈っております。それでは良いオールドタックルライフを・・・・・・・・・。