以下は、以前使っていたサーバー業者との間に起こったトラブルの顛末です。現在利用させてもらっているサーバー業者の話ではありませんので、誤解なきようにお願いします。


2003年、2月9日

最近アブマニアのHPがずっと表示できなくなっていたでしょう。実はまたまたサーバーを変えてしまったからで、その移行中に皆様にご迷惑をおかけする結果となってしまいました。大変申し訳ありませんでした。というのも、トラブルが多いからと変えた前の業者(ドットコムドメインさービス-→東吉ホスティング)も、ヤッパリ色々とトラブルが多かったからなんですけどね。

前の業者さんは、HPの表示ができなくなるたびに問い合わせメールを送ると、その返事は結構早く頂けたのですが、如何せん表示不能のトラブルが多すぎた。いくら謝る態度が誠実であっても、やはり表示ができなくなるというトラブルはサーバースペース貸しの業者には本来あってはならないことです。誠意を持って謝罪したから、または有効期限を延長したからといってそれでチャラにできるというものではありません。最も大切なことはトラブルを起こさないこと、そしてトラブルが起こった場合でも短期間で復旧できる能力なのです。

その点前の業者さんは、サポートのために設けた掲示板にあまりにも多いトラブルの苦情投稿が殺到し、とうとう業者さん自身で掲示板を閉じてしまうほどだったので、やはり安定したサービスの供給という面ではお粗末だったと言われても仕方ありません。

で、僕ももう一度サーバーの引っ越しをすべきかどうか、引っ越すのならどこが良いのか色々と悩み、また検討を繰り返してきました。その結果いくつかのことがわかりました(と自分では思っている)ので、それをまたまた報告したいと思います。

先ず第1、それは結局金額の安いところは総じて安物買いの銭失いになるということですね。この安いとはもちろん借りるスペースの容量、独自ドメインかサブドメインかなどにもよるのですが、僕が借りている独自ドメインのコースでは、例えば一ヶ月に1000円以下といった所は、かなり業者さんが価格的に無理をしている(つまり客寄せの為にそれくらい無理な価格設定にしなければならない)のではないかと思います。もちろん無理をするのにはそれなりの理由、つまり人気がなくて客が借りてくれないという訳ですね。逆にレンタルサーバーでも1台丸ごとなんてのは信頼度は高いのでしょうが、1ヶ月に数万円のも料金がかかるのが普通のようです。レンタルスペースを借りる場合にも、安かろう悪かろうという原則はほぼ例外なく当てはまるのだということはシッカリ認識した方が良いですね。それを認識した上でたまたま良質な業者さんに行き当たったという場合には、それはとても運が良いのだということです。

次に規模について。当たり前のことかもしれませんが、結局大手の方が人材的には余裕があり、マシンのメンテナンスや復旧作業もシッカリしているということですね。「な〜んだ。そんなの当たり前じゃないの。」というなかれ。大手になるほどシッカリはしているかもしれませんが価格もズット割高なのです。この辺が難しい所で、価格を取るか質を取るか、最終的には自分自身で決定しなければなりません。

で、まともなサーバーを探すために僕の取った方法ですが、おそらくは誰もが試す方法、つまりレンタルサーバー関係の情報を共有しているような掲示板など、大勢の人間の知識と経験が集積されたウエブサイトをネット上で探すことでした。それで色々と検索を掛けて探してみたのですが、結局は一つのサイトを除いて役に立ちそうなものは見つかりませんでした。レンタルサーバーでひどい目にあっている人は結構多いと思うのですが、信じられないことに誰もそのようなものを公開していないということなのです。もしこれを見て「よし、それじゃあいっちょう俺が・・・・。』という方がいらっしゃいましたら、是非そのようなサイトを立ち上げていただきたいものですね。みんなに喜ばれて繁盛すること間違いなし(ホントか?)です。(^_^;)

でその唯一のサイトですが、なんと僕の嫌いな「2ちゃんねる」だったんですね。ここは結構こき下ろしトークというか、慣れない者には悪態まがいに聞こえる失礼な言葉遣いが多いので、僕は全く出入りしたことなかったんです。でも自分の目的としているサーバー業者情報を見つけるため、まぁ、仕方なく半信半疑で覗いてみた訳です。

でその結果ですが、やはり日本最大(一説には世界最大とも)と言われる掲示板ですねぇ。レンタルサーバー情報、とても豊富にありました。なんてったってレンタルサーバーだけて、一つのカテゴリができてるんですもんね。そしてご丁寧なことに、ここだけは止めとけっていうサーバー業者名やサーバー業者のランク付けまでしてありました。それが概ね以下のものです。

2チャンネルによるここだけは止めとけっていうサーバー業者

2チャンネルによるサーバーのランク付け

でも一つのスレッドでけなされているサーバーでも他のスレッドでは評判良かったり、逆にランキング上位の所をこき下ろした専用スレッドも存在するみたいですので、結局はどこにするか自分で最後は決めるしかないみたいですね。こんなに沢山あるサーバー業者さんですから、結局は「ヤイヤッ」とどれか一つにも勢いで決めちゃって、後は運任せということになるのかもしれません。(う〜ん、まるで結婚相手選びみたい) 将来ここの評価は公平で信頼できると言うような情報共有のためのレンタルサーバー業者ランク付けサイトができることを心待ちにしています。

7月13日

ついにレンタルサーバーの業者さんをドットコムドメインサービスから他所に移してしまいました。まだ移して間なしですが、今度の業者さんは問題ないようです。色々と親切にアドバイスもしてくれてますし。

それにしても、上記ドットコムドメインサービスはひどかったですね。最近は独自ドメインのHPを開かれている方も多いと思うのですが、業者によっては天と地ほどの開きがあることを痛感させられました。サーバー業者を選ぶ際には先ず誰もが料金に一番注目すると思うのですが、今回の件で色々と考えさせられる出来事が多かったと思います。そこで、今回の体験からこんな所に注目すれば、より良い業者が選択できるのではないかという提言をしてみたいと思います。

●先ず問題になるのはサーバーのスペースについて。サーバースペースはもちろん大きければ大きいに越したことはないのですが、大きいほど価格が高くなるのも確か。そしてこれは隠れた問題として上がってくるのですが、業者がログ保管用に大きなスペースを独占使用してくる場合があります。このような点については、事前に説明されない場合がほとんどです。少なくとも上記業者の場合には全く事前説明はありませんでした。たった2ヶ月足らずの間にログだけで10メガバイト以上も独占使用されてしまっては、スペースがすぐに足りなくなってしまうことは明らかです。上記業者の契約時の説明によると毎月二万ヒットでも余裕たっぷりとのことでしたが、全然当てになりませんでした。このような点についても、事前に確認した方が良いかもしれません。良心的な業者さんだと1台あたりのユーザー数を制限して、ハードディスクの余っているスペースをそのままユーザーに割り当ててくれているようですので、サーバー1台あたりのユーザー数を確認することはとても大切だと思います。僕はこの事前確認を怠った上、メールサーバーのスペースサーバー容量に含まれていたので、一時期メールの送受信が出来なくなって多いに弱りました。

●転送量について。転送量は大きく分けて有限の所と無制限のところがあります。有限の所は転送量の制限がいくらまでと決まっていて、この超えた部分については別途に料金が請求されるというものです。この有限制というのは1台辺りのサーバーに割り当てられているユーザーの内、極端に転送量の多いユーザーの独占使用を防ぐ目的があると言われ、結果としてHPの表示時間を速くするのにも役立つと言われています。つまり使用量の多いユーザーほど料金を多く負担するという、受益者負担の法則にしたがっているという訳です。しかしここにも抜け道があります。つまり実際に各ユーザーの転送量を計測しているのはサーバー業者であり、彼らが信用できる業者であるうちは問題ないのですが、仮に信用の置けない業者であったとすると、転送量自体が水増しされている可能性だってあり得る訳です。一般のユーザーは、そこまでシビアに転送量のチェックを出来る訳ではありませんよね。もちろん物好きな人なら逐一転送量を計測することだった可能な筈ですが。でも普通は面倒くさくてそこまではやりません。この点については上記の業者では毎月二万ヒットでも余裕たっぷりとのことだったのですが、僕の感覚ではかなり怪しいという感じがしました。もちろん転送量の合計は表示されたページのファイルサイズによっても異なってくるので一概には言えないのですが、一人の訪問者が仮に5クリックしたとしたら、1ヶ月4000アクセスで二万ヒットになってしまいます。業者の言葉を鵜呑みにしないで、自分で事前にアクセスログを取ってみて、大体どれくらいの転送量になるのかチェックしてみた方が良いと思います。

●転送量制限はあったほうが良いか、それとも無制限が良いか。これは上の続きになりますけれども、もちろん料金が同じならば、誰しも無制限に使える方が望ましい訳です。にもかかわらず僕が当初転送量制限付きの業者を選択したのは、さるサイトで公開されていた「転送量無制限の業者は転送量の多いヘビーユーザーばかりが集中する。結果としてHPの表示が極端に遅くなってしまうので、避けた方が良い」というものでした。しかし今回転送量無制限の業者さんを使ってみて、あまりこの言葉が当てにならないことを知らされました。なぜならサイトの表示が遅くなった気配がないばかりか、かえって早くなったような気がしているからです。僕は前回契約時に上記業者のサーバー1台あたりのユーザー数を確認しなかったのですが、おそらくより利益を取る為にユーザー数をハードディスク容量ギリギリ一杯まで突っ込んでいるのでしょう。こうなると例え各ユーザーの転送量に制限があっても、サーバー全体としての転送量は多くなり、必然的にHPの表示時間も遅くなります。大切なのは有限・無制限の違いではなく、サーバー1台当たりの総転送量であることを認識する必要があると思います。例え制限付きでも1台当たりのユーザー数が多ければ、前期「転送量無制限の業者は避けた方が良い」というお題目は全く意味がないことになります。この点でもサーバー1台当たりのユーザー数の確認は、大切なことだと感じています。

●さるサイトで目にした情報によると、その他にもこのような点に気をつけたほうが良いとのことでした。

1.サーバーの障害情報を公開していない業者は気を付けた方が良い。・・・・障害情報は公開されているに越したことはありませんが、障害が起こってから報告してもらっても、ユーザー自身にはどう解決しようもありません。隠し事をしないという意味ではこの点は評価されて良いのかもしれませんが、あまりこだわっても仕方がないとも言えます。僕が現在使っている業者さんでは、そもそもトラブル事態がまだ発生したことがないということでした。ホントはそれが理想なんですけどね。

2.大手の業者の方がサポートがシッカリしているので信頼度が高い。・・・・僕が以前使っていたのは比較的大きな業者と言って良いでしょうが、サポートはあまり期待できなかったですね。大手だと顧客が多いために忙しくなり、一人一人への対応がぞんざいになりがちだという側面だってあると思います。規模を重視するより、個々の業者のひととなり?を判断する方がもっと大切なのではないでしょうか?この点の判断は難しいものがありますが、メールでの問い合わせにすぐ返事をくれる所と24時間以上もかかってしまうところでは、明らかに前者の方が信用できると思います。注文時に電話受け付けもしてくれる場合には、一度電話してみて受け付けの態度を確かめてみるのも良いかもしれません。僕が前回使っていたドットコムドメインサービスでは、受付嬢の電話応対態度も最悪のものでした。この点は判断の材料に使えると思います。

3.電話対応のサポートがあれば、一層安心だ。・・・・電話対応可となっていても、実際に電話するとなかなか繋がらなかったり、9〜17時までのみだったりしたらあまり意味がありません。電話対応の有無よりも、すぐに対応してくれる迅速さがあるかないかを判断の基準にすべきでしょう。注文時に自動応答方式のメールしかくれないような業者では、例え電話対応のサポートがあったとしても、機械的な対応しか出来ないかもしれません。「文は人なり」、つまりメールにかかれた文章からも、書いた人の人柄が推察でき、判断の足しにもなるというものです。繋がらない電話や木で鼻を括った対応よりも、丁寧に疑問点に答えてくれる業者を選ぶべし。

以下は、以前使っていたサーバー業者との間に起こったトラブルの顛末です。怒 (-_-メ)

7月7日

ヤレヤレ、またトラブルだ。昨夜掲示板を覗いてみた所、前日までは正常に表示されていた掲示板のログが全てきれいサッパリ消え去っているではないか。一体どうしたというのだ?FTPソフトからサーバースペースを調べてみると、なんと容量の40メガバイトを越えそうになっていることが判明した。そんな馬鹿な。数日前には精々25メガバイトくらいしか使っていなかったはずなのだ。そこで色々とファイルの容量を調べていくうち、犯人はサーバーに設けられたログフォルダだということが判明した。このログフォルダはサーバー業者が使用しているものだと思うのだが、勝手に中のログやキャッシュが更新されており、しかも古いものが上書きされないで、新しいものとともに全てサーバーに残されているのだ。なんとその使用量、11.8メガバイト。これでは容量オーバーしてしまうのも当然である。そして彼らの作業を行なうと容量オーバーしてしまい、キャッシュの更新ができないためなのだろう。なんと僕の掲示板のログを全て勝手に業者が消去してくれていたのである。(-_-メ)

こんな横暴が果たして許されて良いものなのだろうか?客の希望を聞くこともなしに勝手に人のHPの内容を消し去ってしまうなんて・・・・・。しかも自分達がサーバーの転送量を知るために使っているログやキャッシュを勝手に人のサーバースペース内に設けておいて、10メガバイト以上も無断使用しているのである。

ハッキリ言って今使っているサーバー業者は糞だ。こんなひどい悪徳業者がいるとは思いもしなかったし、聞いたこともこともなかった。もちろん早々にサーバー業者を乗りかえるつもりなりだが、それにしても癪なのは僕がすでに1年分の使用料を前払いしており、彼らは僕が乗り換えた所でなんの損もしない、損をするのはこんな馬鹿げた業者を選んだしまった僕だけだという事実である。彼らにしてみれば、毎月ログとキャッシュの更新で4メガバイトはサーバースペースを無断独占できる訳であり、毎月これはドンドン膨らんでいく一方だから、その内ログだけで容量は一杯になってしまい、どちらにしても僕が彼らを使い続ける限り、コースをもっと大きなものに変更しなければサーバーを使用できるスペースがなくなってしまうということなのである(そしてそれが彼らの密かに目論んでいることだと思えるのだが)。つまりどっちに転んでも彼らは損はしないということなのだ。

もちろん彼らの使用する領域が人のサーバースペースに設けられる(しかも消去しようとしても、ユーザー側では消去できないように設定されている)ことは彼らのHPでは一切説明されていないし、こんなやり方をしていれば1年もしないうちにサーバースペースが彼らの使用領域で占領されてしまい、ユーザーの使用できるスペースがなくなってしまうことは彼らにははなから分かりきっているものと思われる。分かっていてやっているのだから、もはやこれは立派な詐欺であろう。しかも人のHPの内容を断りもなしに消去していくとは、これはもう怒りを通り越してあきれ返ってしまうずうずうしさである。こんなどうしようもないサーバー業者、ホントに現実に世の中に存在しているんですね。皆さんもだまされないように要注意ですぞ。その内もう少し落ち着いたら、こんな詐欺業者にひっかからないようにするための自分なりの方法を追々公開していきたいと思っている。

6月18日

サーバーにファイルを転送しようとしたら、またまたエラー続出。転送が完了したものと思っていたページでは、画像が化けたり、ページ自体が真っ白けになっていたりした。しかもそのことにしばらく気付かずにいたので、トップページを始め幾つかのページの閲覧が不可になっていました。せっかくお越しいただいた皆様には、ご迷惑をおかけして申し訳ないことをしました。全くどこまで続くヌカルミぞ。今回のサーバー乗り換え、ハッキリ言って大失敗でした。サーバーをレンタルしようと思っている皆さん、乗換え前には下調べをキッチリやった方が良いですよ。少なくともサポートのページで障害情報を公開していないような業者は、避けた方が無難だと思います。それと転送制限があるところでは、点総量が実質いくらあるかなんて後から調べようがありません。今月ももう転送量超過になっているんだけど、これって本当なの?トップページにつけているアクセスログとはアクセス数でもえらい差が出ているんですけど・・・・・。確認しようがないので、最近業者を疑いの目で見ています。

6月15日

ヤレヤレ、今度は一体どうなっておるのだ。先日からファイルのFTP転送にしばしばエラーが出て転送ができなくなるのみならず、エイリアスで使っている info 、webmaster 、shopmaster でのメールの受信に結構エラーが出ている様なのだ。送った筈のメールにエラーが出て返送されて来ちゃった皆様、どうも本当にごめんなさい。送信メールの内どのくらいにエラーが出ているのかは知りようもないが、HPのファイル転送は試みるたびにエラーメッセージが表示されるので、もう嫌になってきてしまった。いくらFTP転送は無制限だったって、これではHPの更新しようがないじゃないですか。もはやいささか諦め気味である。とっととサーバー業者の乗換えを決行した方が良さそうだと思うが、ついこの間一年分前払いしたばかりなのに、高々一ヶ月あまり使用して後の乗り換えは馬鹿ばかしいったらありゃしない。それにしても、ドットコムドメインサービス、あんた本当に詐欺ですぜ、コリャ。

6月1日、サーバー業者から以下のようなメールを受け取りました。

(標題)月間転送量 5月超過料ご請求 abu-mania

abu-mania.com についてご利用転送量が無料の月間2GBを超過しております。
転送量バイト数は管理ページ http://www.abu-mania.com/siteadmin/ の「サイトの使用状況」にてご参照ください。
 ・レポート生成日 2002/06/01 04:03
 ・対象期間 2002/04/22 10:57 - 2002/06/01 04:02=38日
 ・転送されたバイト数 4,193,389,961

●転送超過料請求期間 2002年5月分
●転送超過 (4,100MB÷38日)×30日=3,200MB−無料転送量2,000MB=1,200MB

つきましては以下の通り超過分を6月10日までにご入金ください。よろしくお願いいたします。

●abu-mania.com 5月転送超過料
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 転送超過:1,200MB (100MB毎超過料:¥100)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 超過料:¥1,200
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 お支払い期日:6月10日(水)
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●お支払い
 マイルームの「サポート受付:オプション料お支払い」ページより お支払い方法をご選択のうえご入金ください。
 マイルーム: http://www.do-to.com/sys/myroom/
  ※お支払い方法:クレジットカード、銀行振込み、コンビニ支払い

(月間の超過転送量が1GB以内の場合は翌月以降の合算にてご請求となります)

「ウ〜ム、いきなり転送量を超過してしまったか。でも6月10日までの入金と書いてあるから、月曜にでも支払いましょ。」僕はノンビリした頭でそう思っていたのだった。しかし、しかし。6月3日の真夜中くらいから半日近く、またもやHPの表示が一切できなくなってしまったようなのである。この時間にお越しいただいた皆様、大変ご迷惑をおかけしました。原因はどうやら超過分の支払いが済んでいないからということらしかった。

というのは、3日の朝に支払いを済ませたのだけれど、その時点でHPの表示が一切できなくなっているらしいことに気付いたんですね。オ〜イ、一体どうなっておるのだ。支払いは6月の10日までの筈じゃなかったの?

どうやらこのサーバー業者、金を貰わぬ内はてこでも表示をさせたくないらしい。支払期日やお客(この場合は僕ですね)の都合などは無視。「はよ金、よこさんかーい」ということなのである。それにしても支払期日までにチャンと入金を済ませているのにHPの表示をいきなり止めてしまうなんて、一体このサーバー業者は何考えてんですかね。1ヶ月あまりの間に2回のトラブルなんて、あんまりひどいじゃあーりませんか。お金はすでに1年分前払いしてしまったのですが、真剣にサーバー乗換えを考えているこの頃です。

それにしても、彼らのHPに説明してある、「ご入金当月の利用料は無料、次月より1年間契約のご利用です。」という説明はなんだったのだろう?文字通りに捉えるならば、入会月の4月分は無料で、転送量にも含まれないはずなんだけどなぁ?????いずれにしても、皆さん、サーバーを借りる時は十分な注意が必要ですぞ!!


昨日(5月18日)から本日のお昼過ぎまで、レンタルサーバー業者とのゴタゴタにより、せっかくお越しいただいた皆様にHPの閲覧をしていただくことができず、たいへんご迷惑をおかけいたしました。謹んでここにお詫びするとともに、そのドタバタトラブルの顛末をここに記すものです。

4月の半ばよりプロバイダーのレンタルサーバーからサーバースペースのみ他の業者に移すことにしました。料金があまりに高い(ダイヤルアップ付きで月6300円!)のと、サポートも充分ではなかったからです。ドメインは僕の所有になっている筈だったのですが、なぜか実際の所有者はプロバイダーということになっていました。そこでサーバーを移す前段階として、プロバイダーさんにドメインの移転をお願いした訳です。その時の問い合わせと彼らの答えはこちら。

いつもご利用いただきまして、有難うございます。
お電話させていただいたのですが、お留守でしたので、メールさせていただきました。

早速ですが、先日よりお伺いしております、ドメイン移転の件ですが、お返事が遅くなっており申し訳ございません。
弊社で名義変更するのが恥ずかしながら初めてのケースのため、時間がかかっております。

まず、お願いなのですが、ドメイン名のネットワークソリューション側の契約期間が迫っておりますため、下記URLより、ドメイン維持費の手続きを行っていただけますでしょうか。
(名義変更する場合、90日以上?の残期間がないとダメなようです。)

http://www.netsol.com/ の中の RENEW SERVICE

次に、以下のURLで名義変更の書類を作成し、必要書類を弊社まで送付願います。
http://www.netsol.com/cgi-bin/makechanges/rnca?what=xfer&next=name

なお、手続きに時間がかかった場合を考えて、弊社側でDNSの変更を行います。
移転先の、以下の内容をご連絡いただけないでしょうか。

プライマリDNSサーバー名及びIPアドレス
セカンダリDNSサーバー名及びIPアドレス

何かありましたら、メールで結構ですので、お問い合わせください。
以上、よろしくお願いいたします。
(4月18日)

ウ〜ム。ドメインの移転には彼らはあまり頼りにできないらしい。でもマッ、いいか。ドットコムドメインサービスさんならプロだから、彼らに任せておけばチャンとやってくれることだろう。

ノース関西ジャパンネット カスタマーサービス **様
 
ご連絡、ありがとうございました。現在契約しているレンタルサーバーは、5月15日の契約満了を持ちまして、通常のフレッツ・ISDN「つなぎっぱなし64」へ変更させていただきたいと思っております。
 
ドメインの移転につきましては、本日移転予定のドットコムドメインサービスに移転加入の申し込みを行いましたので、近日中にサーバー名およびIPアドレスの連絡があると思います。
 
なお、上記業者さんにてドメイン移転の手続きも無料で代行していただけるとのことですので、もし可能ならそちらにお任せしようかと考えております。つきましては上記業者さんより移転に関してのお願い等があるかもしれませんが、ご協力よろしくお願いいたします。
 
それから、5月16日以降の「つなぎっぱなし64」について、もしユーザーIDやパスワードの再交付等が必要になるようでしたら、恐れ入りますがご連絡お願いいたします。
 
念のため、僕の個人情報は以下の通りとなっています。
 
名前は 前川 恭一 (まえがわ きょういち)
住所は 669-3153 兵庫県氷上郡山南町前川209です
 
それではお世話になりますが、以上よろしくお願いいたします。
 
前川 恭一 

で、僕が出したドメイン移転のための注文。

現在ノース関西ジャパンネットのレンタルサーバーを借りているドメインを、そちらへ移転したいと思っています。いくつか質問があるのですが、教えていただけるでしょうか?上記は5月15日までの1年契約になっているのですが、その後シームレスにドメイン移転することは可能でしょうか?また現在1ヶ月30000ページビュー程度のサイトなのですが、(ページのコンテンツ量にもよるのでしょうが)大体1ヶ月の転送量は平均すると幾らくらいになるものなのでしょうか?転送量という概念にあまり馴染みがないもので(上記レンタルサーバーは無制限でした)、大体の目安でも教えていただけると助かります。それではよろしくお願いいたします。
(4月18日)

この時点では、僕はてっきりドメインの移転手続きも、全て管理費込みでドットコムドメインサービスさんにやっていただけるものとばかり思っておりました。

しかして昨日(5月18日)、突然HPの表示ができなくなるばかりか、メールの送受信もできなくなってしまったのです。その時に僕が問い合わせたメールはこちら。

HPが表示されず、メールの送受信ができない点について(標題)

HPが突然一切表示されなくなり、abu-mania.comアドレスのメールの送受信もできなくなってしまいました。サーバーの不調かとも思っているのですが、原因をお知らせいただけると幸いです。

前川 恭一

(5月17日)

それに対して以下のようなメールのやり取りが続きました。

ドットコムドメインサービス

以下のデータベースで参照しますとabu-mania.comnのドメイン期限が切れていました。http://www.netsol.com/cgi-bin/whois/whois ・登録期限 5月11日
今のうちに管理者にて支払ってもらえばドメイン接続は復活します。1ヶ月を超過するとレジストラが登録を抹消する場合があります。

(5月17日)

下記内容のメールをいただいて、正直驚いています。HPではドメイン取得料込みの価格となっていたので、当然管理費も込みになっているものと信じておりました。移転の場合には管理費は僕が払わなければならないのでしょうか?移転の場合のみ管理費は別途負担になるのであれば、少なくともその点について事前に説明が欲しかったと思います。料金的に見ても、整合性がないのではないでしょうか?この点について、詳しいご説明をお願いしたいと思います。
(5月17日)

ドットコムドメインサービス

所有ドメインのご条件についてはドットコムサイトにご利用案内ページがありますがご覧にならなかったのでしょうか。管理費が別途負担と言う表現ではなく、ご移転時にはドメイン登録料はご本人に継続してお支払い頂く契約とご案内してありますのでご確認ください。また、com ドメインであればレジストラ移転もお申入れた方へは、現在レジストラとのご契約しだいでは登録料をサーバー利用料に含めることができる管理委託もご案内しております。詳しくはドットコムサイトの利用案内ページをご参照ください。
(5月17日)

御社の案内HPを見てみましたが、「ご所有ドメインを弊社レジストラに移転登録される場合はご利用中のドメイン登録料は無料となります。」とあります。移転処理を御社に全面的にお願いしたのですが、どうして御社レジストラに移転していただくことができなかったのでしょうか?(そのためにプロバイダのアカウントとパスワードもお教えしたのだと思っておりました。)
利用料のページを見ても、おっしゃっている管理委託サービスの料金案内もなく、案内サイトでは小さな文字で「ドメインの管理委託をご依頼の方は「注文カートのコメント欄」にてお申し入れください。」と書いてあるだけです。これでは、無料で移転サービスがしてもらえるのだと勘違いされても仕方がないのではないでしょうか?せめて料金案内にはドメイン管理委託サービスの料金も合わせて表示しておくべきだと思います。初めての利用者に対して不親切だと思います。
今回の件については非常にガッカリしましたが、管理費はとりあえず僕の方で払いました。早急にHPおよびメールが使用できるようにしたいので、どうすればすぐに利用できるようになるか教えていただきたいと思います。
前川 恭一
(5月17日)

ドットコムドメインサービス

移転処理を御社に全面的にお願いしたのですがとの事ですが、過去メールを確認してもそれらニュアンスとレジストラの登録移転について、ご依頼文が見当たりません。サーバー移転だけのご依頼を承りましたのでドメイン管理ページでのサーバー設定を代行させていただきました。
登録料を支払い後、通常NSIでは数日でドメイン接続が再開します。弊社サーバー側の処理は何もありません。
(5月18日)

過去メールを見てもそれらのニュアンスがないとのことですが、申し込み時に「現在ノース関西ジャパンネットのレンタルサーバーを借りているドメインを、そちらへ移転したいと思っています。」と明記している筈です。サーバーを移転したいといっているのではなく、ドメインを移転したいと書いてあります。
ニュアンスについては人それぞれで受け取り方が違うのかもしれませんが、もし不明な点があったのならどうして注文確認時に、それについての説明がなかったのでしょうか?僕はこの点についてお聞きしたいと思っているのです。納得のいく答えをお願いします。
(5月18日)

ドットコムドメインサービス

お書きになった文面にはレジストラの登録移転はありません。
サポートからお伝えできることはすべてお知らせしました。

(5月18日)

結局ドメインの管理費は僕の方で払わなければならなかった訳ですが、それにしても上記会社の受け答え、いかが思われますか?

まるで「金さえ貰えばオマエの事なんか知るか。注文時に分かりやすい表現をしなかったおまえが悪いんじゃ」、と言わんばかりのものでしょ?確かに僕もドメイン管理委託サービスと明記しなかった落ち度はあるのかもしれませんが、彼らにしてもドメイン移転と書いてあるのだから、管理はこっちで委託しますか?それとも自己名義にして、そちらで管理されますか?くらいの確認はあっても良い筈だと思います。

大体普通の人ならドメインの管理がどうなっているかなんて知らないのが当たり前ですし、ましてやレジストラの違いとか、登録移転の意味についてなんて知っている方が珍しいでしょ。ドメインを移転するのだとなったら、無料と明記してある以上は全てお任せしていればやってもらえるもんだと思っちゃいますよ。実際そう書いてある訳ですし。

しかしこの会社、受付の係りの態度も横柄で、まるで役人かなんかみたいですよね。とても客を相手にしているという態度ではありません。

ドメイン取得業者は現在色々な会社がサービスを行なってしていますけど、やはり親切に対応してくれるところを選ぶに限ります。間違ってもおかしな所を選んで、後々トラブルを招いたりしないように慎重に選ぶことが必要ですね。つくづく反省させられた出来事でした。