このページでは、ミッチェルリールのパーツの移り変わりについて見ていきます。


数あるミッチェルリールのモデル中、最も日本のアングラーたちに馴染み深いモデルはウルトラライトクラスの308と408ではないでしょうか?ここでは308を取り上げて、細部の違いやパーツの移り変わりについて考察してみたいと思います。

ミッチェル308は1960年代より販売されている非常に息の長いモデルです。しかもそのシンプルな卵型のボディシェープは発売以来全く変っていません。しかし内部のギヤについては、1980年代中盤以降のものはスプールオシレーション(平行巻き機構)に採用されていた独特のプラナマティックギヤが省略され、特徴のない平凡なリールとなってしまったのは残念なことです。ここではオリジナルのプラナマティックモデルについてのみ取り上げたいと思います。

画像はボディ3種。左から古いもの順に309のと308中期、そして1980年代の新しい308である。モデル名表示が刻印からプラスチックプレートに変わっていることはもちろんだが、アンチリバーススィッチの形状にも注目して欲しい。初期のものはスィッチ中央に捻じ込みの跡が残っているが、後期のものは一体成形のものに裏側から差し込んであるのだ。リールフットは初期のものほど長くなる傾向があり、後期のものはたいていの竿に合う。その反面、初期ものでは先が削り取られたり加工されている中古品も多いのだ。そうしないと短いグリップの竿に入らないのである。モデル名表示の字体は製造ロットごとに微妙に異なっており、一概に語ることはできない。この辺はとても奥が深そうである。

ローター2種。左から初期型と後期のものである。1978年ごろまではなんの飾りも付いていないシンプルなデザインだったが、1978年ごろからローター回りにライン表示の帯状のステッカーが巻かれるようになり、更に画像のような印刷による表示に切り替わっていく。このゴタゴタしたデザインは当時の日本製リールを真似たものだったのだろうが、カーディナルの50シリーズといい、こんな品のなさを真似しなければならなくなったのは気の毒な限りである。ちなみに現在でもこの品のなさは日本製に脈絡と受け継がれてきているのであるが・・・・・。

初期のラインガイドに変形のカーバイドローラーが使用されているのは有名な話である。しかし1970年代も半ばにかかるとこれも手間のかからないステンレス製ローラーへと切り替えられていく。ちょうどこの頃は竿のガイドからもカーバイドリングが消え、セラミックの味気なくも高性能な大量生産品へと移っていくのである。

初期のベイルは真鍮から作った1本ものの素材にメッキが施されていた。しかしこれも70年代に入るとステンレスからの鋳造ものに変るのである。おかげでメッキが剥がれたり容易く曲がったりするトラブルは減ったが、性能の向上よりも製造工程の簡略化こそが実は真に目指されたものであったのだろう。ベイルの変更に伴い基部のデザインも変り、スクリューサイズの違うものが使用されるようになった。初期のものほど、前方への反り返りが大きいのも特徴の一つである。

スプール前面にあるドラグノブは、1970年代では一貫して4枚ある。しかしコレも1980年代に入ると3枚に減らされ、サイズも少し大きくなるのだ。デザイン的なものもあるのだろうが、徐々に日本製リールのコピーになっていくように感じるのはうがった見方だろうか。

スプール細軸2種。細軸では一貫してアルミ鍛造スプールが使用されているが、後期のものでは黒い塗装さえ省略されるに至る。なお、1978年前後の中間期には、グレーの塗装色のものも存在した。塗装がなければ当然一工程減らせる訳だが、塩水に対する腐蝕性も低くなるのではなかろうか?

スプール太軸2種。初期のものは一貫してアルミのベースにプラスチック製のボビンがネジ留めされたものだった。しかしこれも1978年ごろからはプラスチックの一体成形になる。裏側を見れば、ツーピースものとの違いは一目瞭然。画像は両方ともにツーピースものだが、左の初期ものにはフランジにスプリング抑えの細いワイヤーが入っている。

スプールの下側に入っているベースは、初期のものではシャフトの嵌め込み部分が金属でできていた。しかしコレもしばらくするうちにプラスチック製に変るのである。強度的には当然金属でできたものの方が優れているものと思われる。またスプールリリース用の前面ボタンは一貫して先が尖った形のものだったが、1978年頃からは頭が平たく太いものに変更された。

ハンドル3種。本当は大きな区分として5種類が存在する。まず最初期のハンドルロックがスプリングになっているタイプ。その後円錐型のアルミスクリューロックタイプになり、1978年ごろからはアルミ製のもっと角ばった刻み目の大きなものに変る。更に80年代に入ると画像右端のような黒いプラスチックノブになってしまう。ハンドルノブも、製造時期によって微妙に形や表面の凹凸が変るのだ。そして80年代に入ると指に合うように軽くヒネリを入れたノブから、平べったい両面とも同じ形のノブになるのである。この辺りは、まるでアブのノブの移り変わりをそのまま踏襲しているようでおもしろい。

ピニオンギヤ2種。初期の黒く塗装された鉄製?のギヤは、1978年ごろから真鍮のものに変更される。真鍮は重い代わりに柔らかくて、加工もより容易であったはずだ。独特の形をしたスリーブにボールを挟むベアリング機構はずっと健在。ネックに付いたノブで回転のフリクション調整ができるのだ。ミッチェルにおいてはベアリングを他社製品に頼らず、自社で一ひねりを加えているところがその大きな特徴となっている。

ドライブギヤ2種。初期では雄ネジ仕上げだったドライブギヤは、その後雌ネジ仕上げへと変更される。それにつれハンドルの仕様も変更へ。製造工程上の問題だろうか。ずっとジュラルミンで製造されていたべベルギヤは、1980年代に入るとピニオンギヤ同様真鍮へと変更されていくのだが、画像にはこの真鍮ものは含まれていない。またギヤシャフトの取り付けも、より初期のものの方が丁寧な感じがする。

スライダー&スライダーロック2種。ずっと黒いプラスチック製だったスライダーは、1978年ごろより白いものになる。素材も若干柔らかくて粘りのあるものに変更されたようだ。初期の黒いものは、どちらかと言えば割れやすい。プラスチックに限って言えば、やはり最近のものの方が質は高いようである。スライダーロックは一貫して真鍮にメッキされていたものが、80年代に入るとメッキは省略。そのため金色の地色を見せている。

初期のシャフトは、先端にあるスプールロック用のスプリングが2枚羽根。これが1978年ごろからは2枚に減らされる。スプールリリースボタンの形の変更が、こんなところにも現れている。

ギヤボックスカバー2種。初期のものはもちろんボディと同色に塗装されたアルミ製。ロックスクリューも真鍮にメッキが施されている。80年代に入るとブランド名が印刷された安っぽいプラスチック製になり、ロックスクリューもメッキの要らないステンレス無垢のものになる。





航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!



大黒屋トラベルの国内格安航空券