野垣   さーて、じゃソロソロおっぱじめるとするか。

アブマニア   皆さん、どうもお待たせしました。やっと野垣さんがその気になってくれたみたいです。

野垣   いや、たいしてやる気はないんだけどよ。最近バス問題とかでチョクチョク議論が出るようになってきたみたいだからな。俺もこの辺で言いたいこと言わしといてもらおうと思ってさ。

アブマニア   どんなことですか?

野垣   そうだなぁ。まず最近議論のかまびすしいバス問題についてなんだけどさ。

アブマニア   いきなりズバッときましたね。

野垣   バスが密放流で広まったことは、最早誰もが認める事実だわな。でも最近の問題は、このことについて歯止めがなくなってきたんじゃないかということなんだよ。

アブマニア   それは例えばどんな?

野垣   たとえばだなぁ。琵琶湖にバスがいることは誰でも知ってるだろ。もちろん誰かが密放流したからあそこに広まった訳だ。問題はだなぁ。琵琶湖には、あそこにしかいない稀少な魚種も沢山いる訳なんだな。そしてバスが密放流されて広まったことで、それらの魚種に壊滅的なダメージが出ているということなんだよ。

それとかさ。本来バスの生息に向いていないような寒い地域にもバスを放したり、あまつさえバスのエサだと称してブルーギルを一緒に密放流したり、最近は無理っくりスモールバスを持ってきて、寒い地方でもバスが釣れるようにしようとしたりしてるよな。

アブマニア   それは良く議論になる点ですよね。でも僕が聞いた話では、バスは一時的には爆発的に増殖するものの、何年か立てば淘汰されて落ち着いた状態になるし、それはそれなりにバランスが取れるんだっていうことらしいですけど。

野垣   そりゃ、いつかはバランスが取れるだろうさ。でもだな。一部のバス擁護論者が言うように、バスがそれらを食害している証拠はないなんてことがあると思うか?バスが魚食魚であることは誰しも知っている事実だし、普通の脳ミソ持ってる奴だったら、やはり食害の事実はあるだろうと容易に想像付く訳じゃない。それを実際の証拠がないから食害はないなんて言い切ってしまう馬鹿がいる辺りに、バス問題の本質がある訳なんだな。

アブマニア   野垣さん。また言い過ぎてますよ。

野垣   何でだよ。お前だってそう思うだろ?じゃバスが何食ってるっつうんだよ。水草でも食ってるって言うのか?それとも外国産だから日本の魚は口に合わない、ブルーギルばっかり食ってるって言うのかよ?馬鹿言ってるんじゃねぇぜ。バスは自分の利用できる食料なら、手近なとこで何でも食ってる。稀少魚だろうが何だろうが関係ない。議論されているようにバスの食害は事実としてあるし、それを否定することなんかできない!これは人間が泥人形なんかじゃなく、女のおまたの間から生まれてきたのと同じくらい、当たり前のことでしょ。

アブマニア   またまたぁ。また苦情食らっちゃいますよ。バス擁護論者には熱血の人が多いんだから。

野垣   何でだよ。良いじゃん。ホントのことなんだから。事実は事実としてごまかさずに、本音で語ろうぜ。ここはそういうコーナーなんでしょ。

アブマニア   そりゃ、そういう趣旨でしたけど・・・・・。野垣さん、一々言うことが扇動的なんだもの。

野垣   でも事実をシッカリと認識することなしに、話は前に進まないぜ。だからまず言っとくけど、バスが食害している証拠がないなんて言ってる奴は、信用のならない詐欺師だな。こんな奴の言うことは信用しないように。それと日本ではザリガニという古来種が、アメリカから来た外来種によってほぼ本州で絶滅したという歴史があることも忘れないように。

アブマニア   ・・・・・・・。

野垣   でだな。俺が何を言いたいのかというと、ゲームフィッシングを楽しむためにバスを密放流することは、既存の魚種に影響を与える可能性がある。だからとりあえずは密放流を金輪際止めようということなんだよ。

アブマニア   じゃあ、野垣さんはバス反対論者なんですか?

野垣   少なくとも密放流に関する限り、俺はバス反対論者だね。でもバスの存在を罪悪視している訳じゃないぜ。俺が言いたいのは、バスを悪者にしてしまったのは他でもない密放流者達であり、俺は自然への影響を一顧だにしなかったこの馬鹿者どもに嫌悪していると言うことなんだよ。この馬鹿の内にはいわゆるマスコミ受けする有名人も多数含まれている訳なんだけどさ。俺が更に言いたいのは、マスコミで有名な人たちだからといって正しい人達とは限らない、俺達はこんな馬鹿の真似をしてはいけないということがまず第一だね。

アブマニア   野垣さん・・・・・・。もう少し柔らかい言い方ができないですかね?

野垣   でだなぁ。バス問題についてなんだけど、驚くべきなのは前述の食害の証拠がない発言、これには何の科学的な根拠もない訳なんだけど、じゃあその反対論者たちにどれほどの根拠があるのかというと、ほとんどキチンとしたデータが存在しないという事実なんだよ。これは恐ろしいことだぜ。つまりこの議論については客観性はほとんどなく、おのれがバスを好きかどうかで議論が二分してしまうという馬鹿馬鹿しさの大元はここにある訳なんだな。

一体どうしてこんなことになってしまったのか?色々と問題はあるだろうけど、俺が真っ先に訴えたいのは行政の不在、これに尽きるな。つまりバスはおろかゲームフィッシングというものについて、行政は全くこれまでにタッチしてこなかった。そしてあまつさえ問題がドンドン拡大しているのに、手をこまねいていて何もしようとしなかったんだよ。なんて無責任な奴らだろうな。

でも、もうそんなことでは駄目なんだよ。例えば諫早湾の干拓問題見てもわかるだろ?元々は干拓工事の是非をキチンと議論してから決定を下すべきだったのに、曖昧な議論でお茶を濁してきた結果があのざまだよ。水門を開けるも閉じるも今更どうしようもないところまで行っちゃってるでしょ?あの工事決定にかかわった奴全員を、打ち首獄門にしてやりたいよね。

アブマニア   またまたぁ。言い過ぎですよ、言い過ぎ。それって結果論じゃないですか?

野垣   良いんだよ、俺の言いたいこと言ってんだから。オメェだろ、好きなこと言って下さい、って頼み込んできたの。

アブマニア   ウゥ。それはそうですけど・・・・・・。

野垣   でだなぁ。バス問題だけじゃなく、最早ゲームフィッシング全体に対して、行政の介入は絶対に必要なんだよ。ほったらかしはもう許されない。政治家のケツ蹴り上げてでも、この問題は何とかしなくちゃならないよな。

行政にしてもさぁ。掛け声ばっかで情報の公開は一向に進まないよね。何かと言うとすぐ隠しちゃってさぁ。隠すくらいだから、よっぽど影で悪いことばかりしてきたんじゃないの。賄賂もらった奈良の警官は不起訴だし、外務省は裏金使いまくって結果の報告もないままだしさぁ。

元々ゲームフィッシングというのは欧米からの輸入品だな。つまりそれまでの日本にはない、全く新しいものだった訳だ。それ以前にも日本に釣りはあった訳だけど、釣りの楽しみのために徹底的に魚を放流したり釣り場の管理を行うという伝統はなかったね。せいぜい食い物になるワカサギとかマスとかを養殖するくらいでさ。それが1970年代のバス釣りブームで一気にドッ、となだれ込んで来た訳だ。その時行政がキチンと対応してくれていたら、今日の混乱は避けられたはずだよ。

で、だなぁ。ではこれからどうして行けば良いのかというと、まずバスの密放流は絶対に止めることだな。過ちを改めるのに遅すぎることはないよ。次に欧米流のゲームフィッシングの存在を前提とした釣り場の棲み分けを考えることが必要になってくるな。つまりこことここにはバスを、そしてこちらとこちらにはトラウトを、あちらは日本固有の魚種だけで、というふうな感じでな。ここでまたまた議論が沸きあがるんじゃないかな。何処をどうするかという点でさ。これは避けては通れない問題で、最終的には行政の介入なしに決められない問題だろう。

アブマニア   ウ〜ム、なるほど。

野垣   そこで行政も、食害の程度うんぬんのデータが絶対に必要になってくるって訳だ。こんなことは欧米では常識だし、もっと進んだ内容の、例えばどんな針を使って魚のどの部分に針がかりすれば最も死亡率が低くなるか、とか、潜水夫を使って魚の実際の生息数をカウントし、どの程度の密度があるか、どの程度の密度がその魚に適しており、結果どういう場所が放流環境に最もふさわしいかといったような研究も行われているよな。

アブマニア   へ〜え、針の種類だけじゃなくて、何処にかかるかによっても生存率が変ってくるんですか?そりゃそうですよね。

野垣   じゃ、何で日本ではこういう研究が行われていないんだろ?実際には少しは行われているんだよな、隠してるだけで。でも全然一般には公開されないし、研究自体、金にならないものには元々熱が入っていない。それにしても、国民の税金使ってやってるくせに一般に公開しないとは、役人も一体どういう神経してるんだろうね。

役人にはやはりこの辺から改めてもらいたいもんだな。じゃないと、もう税金払う気もしなくなるでしょ。大体役人に権限が集中してるっていうのも気に入らないね。公務員試験に受かっただけのただの人なのにさ。偏差値の高さが必ずしも人間性と結び付いてないってのは、もはや常識でしょ。テストの点数なんて一つの尺度に過ぎないんだからさ。これからは不正をした役人、国民の望まない公共事業を推し進めた人間は国民投票にかけて、有罪になった奴は全員舌を抜くというふうに法律改正した方が良いかもしんないね。

アブマニア   野垣さん。また暴走ですよ。スッゴイ言い過ぎ。

野垣   ま、いいジャン。半分冗談なんだからさ。どうせあいつ等、責任取らないで終わりになっちゃうんでしょ。でも情報公開の遅れは、ホント日本の行政の致命的欠陥だよな。大体役人なんてのは終戦直後は戦犯の集まりだった訳でしょ。戦時中に散々悪いことして来たような奴らのさ。それが戦後の戦犯裁判の中で軍人は責任を負わされたのに、役人は一切責任も取らずにノウノウとして今日まで来た訳ジャン。今の役人の無責任体制は、その偉大な極悪人の先輩達から受け継いだものなんだよ。だから影でコソコソするのが得意でしょ。そして結局だーれも責任を取らない。

アイツ等、戦争に負けてチキショーッ、今に見てろっていうんで、ナンとか無理やり日本の経済をここまで引っ張り上げて来た訳でしょ。かつての敵に勝ちたいっていうんで、反則同然の汚い手を使いながら他の国を蹴落としてさ。で、やっとこさで一番になったら今度は方向の転換に失敗して、日本製品のシェア争いに突っ走った挙句、散々国民を踊らせておいてズドッ、と奈落の底に落とした訳だ。残ったのは借金だけで、これもその内国民が支払わされることになるんだろうな。この辺がバブルの真相なんでさ。儲かったのは国策による保護を受けた一部の大企業だけなんだよな。そして大部分の国民は未だに不況にあえいでるって訳だ。もちろん役人にはリストラなんてないから失業保険もないし、給料だって人事院がチャンと思いやってくれるよね。

アブマニア   野垣さんって、本当にお役人が嫌いですね。

野垣   俺は役人なんてみんな税金に食らい付いたダニだと思ってるからな。ダニはぜえっ嫌いだ!以前は一度俺の金玉にも食らい付いていやがった。ワハハ。

アブマニア   ハハハハ。知ってます、知ってます。なんか、でもだんだん論点がずれてません?

野垣   おー、そうだったな。つい役人の悪口の方にズルズルと・・・・・。でもよ。日本は借金だらけになってる訳だけど、これはそのうち俺達の税金で払うことになるんだぜ。最近構造改革とか何とか盛んに言ってるけどよ。先ずは借金まみれにしてくれた役人の半分とは言わない、三分の一くらいは首をぶった切って欲しいよな。じゃないと民間企業のリストラで苦しんでる奴らに顔向けができないってもんだよ。

大体製造業なんてのは構造改革するの、割と簡単なんだよな。数で捉えられる訳だからさ。問題はサービス業なんだよ。数で捉えられないサービス業こそリストラを大いに進める必要があるわけなんだけど、行政サービスが構造改革なんてのは今のところ望み薄だよな。構造改革するなんて言ってみろよ。努力もしない内から、すぐにサービスの低下に繋がるなんて言い出す始末だからな。低下しないように、与えられた枠の中で精一杯努力することを考えてみやがれっつうんだよ。バカ役人めらが!

アブマニア   野垣さん、キリがありませんよー。

野垣   わあってらい。 でもお前、もうすぐ消費税がグンと上がるって言えば、お前だって黙っちゃいられないだろ。

アブマニア   エー、そうなんですか?そんなこと、どこで聞きこんできたんですか?

野垣   わざわざ聞いて来なくたって分かりきってることでしょ。日本なんてとんでもない借金まみれなんだからさ。今消費税が上がらないのは不況の最中だからで、チョット景気が良くなりャ、すぐにそう言い出して来るに決まってるさ。

アブマニア   そうなんですかねェ?

野垣   そうさ。例えば諸外国を見てみろよ。イギリスだと消費税17%くらいか?カナダも10%以上で、ニュージーランドも12%くらい。アメリカでも州によるけど5%から10%は取るわな。それから行くと、日本みたいに効率の悪い行政を養ってやるのに、5パーセントで足りなくなるのは当たり前なんだよ。

アブマニア   へェ、外国の人も結構苦労してるんですねェ。

野垣   だからだな。クソ役人なんて、けなすだけけなしたってまだ飽きたらねぇんだよ。消費税を15%にする暁には、是非役人の50%は首を切ってもらいたいね。元来が役人なんて元々は頭の良い連中なんだからサ。死ぬ気になって努力してみろよ。ずっとその方が日本のためにも明るい未来が開けるってもんだよな。だからドンドン首を切って、在野で苦労していただくと、マァそう言うことだな。

アブマニア   なんか、野垣さん。果てしなく脱線状態が続いてるんですけど。何か今日あったんですか?一体どう収拾して良いものやら・・・・・。

野垣   オゥ、まあ脱線したけどな。結局はさ。日本の釣りを何とかするためには最もシッカリしてもらわなきゃならないのは実は行政なんだよ。俺達個人の釣り人がギャアスカ言ったって、しょせんできることは限られている訳。分かるでしょ?ライセンスやレギュレーションさえ満足にないのが日本の釣りの現実なんだからさ。そんな中でアッチではバスを放せって言ってるし、コッチでは止めろっと叫んで回ったって、あまり意味のないことなんだよ。

それよりもさ。例えばこの湖ではバス釣りはして良し、料金はいくらいくら、規則はコレコレ、とキチっとした管理をする方が良い訳でしょ。その反面、ここではバスは放流させないと決めたら、断固としてバスを追放するという風なサ。これは個々人や個々の漁協に任せておける問題じゃあないんだよ。誰だってわかってるじゃん。しかし分かってるのになんもしようとしない行政、コイツが大馬鹿のコンコンチキだって言ってるの。

で、だな。どうするかって言えば、俺達が頼りにしなきゃなんないのは、結局は政治の力ということになる訳なんだな。住民運動なんていうのもあるんだろうけど、問題が生き物全体にかかわることだけに、地方自治体じゃあ駄目なんだよ。残念なんがら随分と頼りない力ではある訳だけど、政治以外に行政を変えていく力はないと思って良いだろうね。政治家にはガンガン要らない役人の首は切ってもらって、必要な方面にうまく人材が回るようにしていただきたいね。そのためには選挙で少しでもマシな政治家を選ぶことかな。そして俺達個人個人にできることは、少なくともバスの密放流をしない、手を貸さない、見つけたら速やかに各方面に連絡して責任を取らせる、具体的には新聞紙上でさらし者にするくらいのことかな。

という訳で次回に続く


ご意見、お問い合わせはこちら

戻る




CrowdWorks